中古BMWに乗ろう! - 中古BMWの車選びからメンテナンス、安く維持するコツなどをご紹介

BMWの中古車選びのポイントから維持のコツ、安く維持するコツ、メンテナンスまでノウハウをご紹介。

当サイト厳選!今月のオススメ中古車

BMWの中古車選びのポイントから維持のコツ、安く維持するコツ、メンテナンスまでノウハウをご紹介。


▼ メニューを開く








【相談】Z4(E89)を探しています。10年落ちの安い車か認定中古車で悩んでいます。

当ブログをご覧の方から質問をいただきましたので、内容を一部公開用に修正のうえ掲載します。

相談

BMW Z4 35iを探しています。

以下の2通りの選択肢で悩んでいます。

 

①8~10年落ち程度の安いものを買う

②認定中古車を買う(残価ローンを利用)

 

数万円単位の修理であればさほど困らない程度の経済状況です。

しかし、現時点ではまとまったお金がなく頭金として出せる金額は70万程度です。

維持やメンテナンスコストを考えた時、この2つならどちらが良い選択になるでしょうか?


また、Z4 35i(E89)は徐々に在庫が少なくなってきていると感じます。
M sport等のオプションが欲しいと考えていましたが、在庫の少なさを考えるとあまり選り好みはしない方が良いでしょうか?

回答

8~10年落ちのZ4をご検討とのことで回答させていただきます。

【認定中古車とそれ以外の違いについて】

認定中古車とそれ以外の中古車の大きな違いは走行距離、内外装の状態、そして整備状況です。
このくらいの年式の車両ですと、保証期間は1年か半年程度であってないようなものです。

走行距離について

認定中古車には過走行の車がほぼ存在しません。

内外装の状態について

明確な規定はありませんが、認定中古車として流通する車両は内外装の状態が良いことが多いです。
ただし「悪くはない」というだけで、必ずしも「良い」わけではありません。

整備状況について

認定中古車は、基本的にディーラーで過不足ない整備を受けてきています。

しかし、BMWのオイルがロングライフ化してエンジン寿命が縮まっていることからも分かる通り、エンジンの状態は良いものも悪いものも混在しています。

車の状態や故障の発生は、運もありますが乗り方や整備状況に依るところが大きいです。

 

認定中古車は過不足ない程度の整備が施されていますが、特別良い整備状況というわけではありません。

乗り方は認定中古車だからと言って良いか悪いかはわかりません。

つまり、認定中古車は状態の劣悪なハズレ車両がないという安心感があります。

一方で、安心感があるものの決して良い車ばかりではないということです。

詳しくはこちら:【BMWの選び方】認定中古車に騙されるな!認定中古車の本当のトコロ。 - 中古BMWに乗ろう! 

 

維持費を心配する場合には、認定中古車かどうかよりも現物の車両の状態をよく見極めると良いでしょう。
(もちろん予算が許すのであれば認定中古車のなかから選ぶ方が、ハズレがないぶん手っ取り早いです。)

以下の記事で、中古BMWの選び方やチェックポイントを解説させていただいております。

【中古BMW】車選びのコツとチェックポイント

 

よろしければ参考にしてみてください。

 

【Z4 35iについて】

Z4のなかでも35iは高額なグレードであるため、販売台数が少ないです。
元々中古車市場における流通量が少ないため、需要が少し増えれば一気に在庫が減ってしまいます。

もちろん待てば希望に沿う車両は見つかるでしょうが、あまり欲を出して細かく条件をつけすぎるといつまでも良い車に出会えないかもしれません。

M Sportについては、可能であれば元からついた車両を選択することをオススメします。


もし将来的に別途購入して取り付けようとすると、大変高額だからです。

逆にM Sportにそれほど魅力を感じないのであれば、M Sportなしの方が中古価格も割安なのでオススメです。

 

プライバシーポリシー

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。