中古BMWに乗ろう! - 中古BMWの車選びからメンテナンス、安く維持するコツなどをご紹介

BMWの中古車選びのポイントから維持のコツ、安く維持するコツ、メンテナンスまでノウハウをご紹介。

当サイト厳選!今月のオススメ中古車

BMWの中古車選びのポイントから維持のコツ、安く維持するコツ、メンテナンスまでノウハウをご紹介。


▼ メニューを開く








【相談】4年落ちの1シリーズを検討しています。この車両の評価をお願いします。

当ブログをご覧の方から質問をいただきましたので、内容を一部公開用に修正のうえ掲載します。

相談

既に契約済みで納車待ちとなっているものです。

このような相談できるサイトがあることを存じ上げなかったので、事後のご相談となってしまいました。

 

購入した車両の詳細は以下の通りです。

評価を頂けると嬉しいです。

 

  • モデル:1シリーズ
  • 年式:2015年(後期)
  • 修復暦:無し
  • 車検:無し
  • エンジン:3気筒 1,500cc
  • 走行距離:70,000km
  • オーナー:ワンオーナー
  • 装備:ファストトラックPKG付き
  • 整備記録:2017年12月までのBMWディーラーでの整備記録はありました。
  • 色:白
  • その他:タイヤ別途購入

 

  • 車両本体価格:約130万円
  • 整備費用:約4万円
  • 諸経費:約15万円
  • 法定費用等:約7万円

オプションとして40,000円で以下の整備パッケージを申し込みました。

  • エンジンオイル交換
  • オイルフィルター交換
  • ワイパーラバー交換
  • ブレーキパッド、ローターを規定値以下で交換
  • バッテリーチェッカーにて良好以外の場合交換
  • その他整備士判断にて交換または補充

回答

1シリーズをご購入とのことで回答させて頂きます。

2015年式とまだまだ新しい車両です。

現時点では不具合や直近で不具合が生じる可能性は低いでしょう。

エンジンやトランスミッションなどの駆動系など、まだまだ登場間もないもののためこれといって弱点と呼べる点も見つかってはいません。

 

あえて今後の注意点をあげるとすれば、エンジンのメンテナンスです。

エンジンは最新の3気筒ターボエンジンで、燃費性能を重視したターボエンジンとなります。

極めて低回転からトルクを発揮し8速ATと組み合わせられることで、普段は低回転だけの使用で事足りてしまうでしょう。

これにより燃費は向上する反面、オイルの劣化は早まります。

そのためオイル交換に関しては、車両のインジケータを頼らずやや早めの交換を心がけると良い状態が長持ちするでしょう。

 

走行距離は、一般的にはやや多いと言われる距離です。

しかし、走行距離が少ないよりは多い方がエンジンの状態が良いことが多いです。

なぜなら渋滞路の走行や近所の買い物と言った短距離の移動は「シビアコンディション」と言われ、エンジンへの負荷が高いからです。

一方で、信号の少ない道や高速道路を長距離走行する場合はエンジンを筆頭にタイヤ、ブレーキ、サスペンションに至るまであらゆる部品への負荷や消耗が少なくなります。

2015年式で7万km走行となると、「シビアコンディション」で使用されていたわけではないと推測できます。

走行距離で確かな判断が出来るわけではありませんが、中古市場では走行距離が価格に直結します。その点で非常に良い選択をされたと思います。

 

全体を通してまだまだ新しい車両で特に心配する点はないでしょう。

先述のオイル交換を始めとして、一般的な整備を怠らなければ長く付き合っていくことができる良い車両だと思います。

 

是非大事にしてあげてください。

よりよいBMWライフの助けになれば幸いです。

 

プライバシーポリシー

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。